レーシックを受けメガネとは一生の別れを告げよう

医師の机と院内

安要望者が急増

幅広く治療が受けられます

院内の廊下

毎年数百万人が視力回復を希望してレーシック治療を行っています。レーシックは角膜の表面にレーザーを照射して角膜形状を微調整することで、近視だけでなく遠視や乱視の調整が可能になっています。 名古屋地区のレーシック専門クリニックでは一般的なエキシマレーザーの使用だけでなく、フェムトセカンドレーザーを用いて以前よりも薄く角膜をカットして蓋状のフラップを作成することができるようになりました。これにより角膜が薄くてレーシックを断念していた人にも機会が広がり、名古屋地区での利用者が増加傾向にあります。 妊娠中の人や未成年、眼の疾患がある人はレーシックに不向きですが、幅広く要望に応えられる技術力が高まっています。

安全性が認知され急増しています

レーシック治療は、術後の回復力と長期的に安定した視力が必要になります。名古屋のクリニックでは事前に角膜形状を詳細に分析し、術後の見え方の質をより向上させるためにオーダーメイドの矯正を行っています。そのため程度にもよりますが、強度近視の人でもしっかり視力を引き出すことができ、術後に視力が低下することがほとんどなくなります。 また、感染症リスクが限りなくゼロになっています。最新機器によりフラップ作成時に効率よく角膜組織を切断できるようになり、角膜の損傷が極めて少なくなりました。そのため炎症が起きにくくなり、術後のドライアイの症状が出にくくなります。 アメリカで発症のレーシック手術は日常化していて、日本でも安全性が認められ、特に設備の整っている名古屋地区では要望者が増加しています。